中年engineerの独り言 - crumbjp

LinuxとApacheの憂鬱

Graviton2のアクセラレータの効果

前回の続き 2020-06-18から1日間の記事一覧 - 中年engineerの独り言 - crumbjp

2xlarge以上は圧縮アクセラレータが付くらしい

https://d1.awsstatic.com/events/reinvent/2019/REPEAT_1_Deep_dive_on_Arm-based_EC2_instances_powered_by_AWS_Graviton_CMP322-R1.pdf

P24.

• 1Tbit/s of compression accelerators
 • 2xlarge and larger instances will have a compression device
 • DPDK and Linux kernel drivers will be available ahead of GA
 • Data compression at up to 15GB/s and decompression at up to 11GB/s

本番をサーバの負荷

・c6g.xlarge x 11 から c6g.2xlarge x 10 に変更

f:id:hiroppon:20200720173617p:plain
CPU

微妙にCPU数が減っているにも関わらず負荷は低減した。 プロセスの構成は、nginx => nodejs (express) 。

・nginx のCPU負荷が劇的に低減 => gzip on; の部分が効いたと思われる。

・nodejsの負荷も下がった。socketIOのペイロード圧縮部分が効いていると思われる。

というわけで、c6g.xlarge x2 よりは c6g.2xlarge x1 の方がお得。