読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年engineerの独り言 - crumbjp

LinuxとApacheの憂鬱

バックアップができない!?

mongodb

ご存知の様にMongoDBのバックアップは

  1. fsyncLock
  2. Snapshot
  3. fsyncUnlock

の流れなのだが、、
最近、MongoDB3.2 系のドキュメントにこんな事が書かれていた

Compatibility with WiredTiger
Changed in version 3.2: Starting in MongoDB 3.2, db.fsyncLock() can ensure that the data files do not change for MongoDB instances using either the MMAPv1 or the WiredTiger storage engine, thus providing consistency for the purposes of creating backups.

In previous MongoDB version, db.fsyncLock() cannot guarantee a consistent set of files for low-level backups (e.g. via file copy cp, scp, tar) for WiredTiger.

まじか・・・ありえん!!
3.0 系に移行したばっかなのに、3.2系にまた移れってのか!?
データのコンシステンシーが多少失われてもまあ許容するが、データファイルが破壊されると厄介だ。
検証中だが、まだ問題は発生してない。。
うーむ。。。