読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年engineerの独り言 - crumbjp

LinuxとApacheの憂鬱

MongoDB3.0.xの設定ファイルテンプレ

Advent Calendar にも投稿した内容ですが、MongoDB3系の設定周り。
僕はこんな感じで運用してますよ。という位の内容。

/usr/local/mongodb/ 以下に構築する場合の設定周り

1. ディレクトリ構成

バイナリをDLして適当に配置してください。

# mkdir -p /usr/local/mongodb/conf
# mkdir -p /usr/local/mongodb/logs
# mkdir -p /usr/local/mongodb/tmp
# ln -s <path to data path> /usr/local/mongodb/data
# ln -s <path to bin path> /usr/local/mongodb/bin

2. Keyfileを作る

MongoDB3系からセキュリティ周りが厳しくなり、replica-setへJOINさせる際にkeyfileによる認証が必要になりました。
StandAloneの場合は不要です。

openssl rand -base64 741 > /usr/local/mongodb/conf/mongod.key

設定ファイルテンプレ

しっかり設定しなければならないのは以下の2点くらい

storage.wiredTiger.engineConfig.cacheSizeGB: 100

インデックス構築や、cursor処理、メモリリーク(orz...)でも消費されるので
現状ではメインメモリの80% 程度に調整しておいた方が良さそうです。

replication.oplogSizeMB: 102400

これは用途によって適当に。。

processManagement:
  fork: true
  pidFilePath: /usr/local/mongodb/logs/mongod.pid

net:
  port: 27017
  maxIncomingConnections: 1000000
  unixDomainSocket:
    enabled: true
    pathPrefix: /usr/local/mongodb/tmp/
  http:
    enabled: false
    JSONPEnabled: false
    RESTInterfaceEnabled: false

security:
  authorization: enabled
  javascriptEnabled: true
  keyFile: /usr/local/mongodb/conf/mongod.key

operationProfiling:
  slowOpThresholdMs: 1000
  mode: slowOp

storage:
  engine: wiredTiger
  dbPath: /usr/local/mongodb/data
  directoryPerDB: true
  indexBuildRetry: true
  syncPeriodSecs: 60
  wiredTiger:
    engineConfig:
      cacheSizeGB: 100
      statisticsLogDelaySecs: 0
      journalCompressor: snappy
      directoryForIndexes: true
    collectionConfig:
      blockCompressor: snappy
    indexConfig:
      prefixCompression: true
  journal:
    enabled: true

replication:
  oplogSizeMB: 102400
  replSetName: MyRS
  secondaryIndexPrefetch: all